サバ缶ブーム!「新設!所JAPAN 長野県潜入で謎解明」

こんにちは ぶーやんです。

先日いつもと違うパスタにしようと、サバ缶を使ってパスタを作ったのですが、

基本的に肉好きの我が家にとっては(笑)、健康面を考えても サバ缶は本当にありがたい存在です(≧∇≦)!

味の方はかなり良い感じに仕上がりましたが、 ぶーやん的にはあとほんの少しコクを出したいかな?という感じだったので、 出来上がったらその時はまたレシピを書かせて頂きますね。

サバ缶といえば近年、安くて手軽に摂取できて、健康面ににも良いと、 テレビなどでもよく取り上げられ、最近では品薄状態が続いているようですね。ちょうどそんな時に、

「新設!所JAPAN サバ缶は生より美味、長野県潜入で謎解明&名店サバ缶レシピ !」

というテレビ番組が放送されるというので、ぶーやんは「名店サバ缶レシピ」の文字に惹かれて見てみたわけなんですけど(^◇^;)、

「 えーーーっ!そうだったの(゚o゚;;!? 」

というレシピ以外にもかなり興味深い内容が満載で、サバ缶て本当に凄い!!!、これ知っておきたい!!!ということがたくさんあったので書かせていただこうと思います。

1、サバ缶国内生産量は?

健康効果としては人の体内ではほとんど作ることができない必須脂肪酸の一種である EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸) が、血液サラサラ効果や認知症予防を期待できると注目され、今では100種類以上ものサバ缶が製造されているそうです。

2016年には国内生産量として1位であったツナ缶を抜き、現在ではサバ缶が国内生産量最多となっています。

知ってました(^^;;!?

2、サバ缶 日本一消費量の多い地域は?

「長野県の飯山市」という長野県の北部、新潟県との県境の町だそうです。

この時期の飯山市は、多い時では2 メートル近く雪が積もる日本有数の豪雪地帯ですが、市内にはスキー場が3つもあり、都心からのアクセスも良いということで外国人観光客にも人気の観光地のようです。
海にも面していない長野県というところが意外ですよね?

北信濃は雪が多くなると、かつては外にでにくくなり、動物性たんぱく質が不足するので、動物性タンパク質として安くて大量に手に入ったのが、サバ缶という訳なのです。
昔は豪雪地帯で交通網が遮断され、物資が届かないことも多く、さらに冷蔵庫も普及していなかったので、サバの水煮缶が冬の備蓄品となりました。
そんな時代にサバ缶は、貴重なタンパク源として肉の代わりに重宝され、様々な家庭料理に入り込み、根付いていったようです。

「長野の冬のごちそうはサバ缶料理」 となり、飯山市の家庭料理にはサバ缶が欠かせない存在なのです。
現在は、「サバ缶ブーム」で飯山市でも品薄状態になり、「見つけたら買う!」と地域の方がおっしゃっていました。 「サバなしでは生きていけないんだね」と所さん(笑) 。

3、飯山市の方は常備しているたくさんのサバ缶をどのようにして食べているの?

鯖の水煮缶でカレー、「急にカレーが食べたくなってお肉がない時にサバ缶入れますよ、家には常備してあるからお肉の代わりにサバ缶シーフードカレー!」
「海がない県だけど鯖は飯山市の魚 (笑)。」
鯖チャーハン、「小さい頃から食べていて、郷土の味ですね。」
鯖缶と里芋のコロッケ、「冷蔵庫にお肉がなくて 、サバ缶があったから!」

炒め物にサバ缶、揚げ物にサバ缶、煮物にサバ缶 !
本当に様々な料理にサバ缶を上手に取り入れて美味しく食べているんですね!

4、サバ缶は飯山市のソウルフード

根曲がり竹という飯山市のソウルフード野菜をご存知ですか?
見た目はアスパラのような小さいタケノコのような(笑)?
長野県北部に自生する笹の若芽で、この辺りの地域では江戸時代から根曲がり竹を味噌汁に入れていたそうです。

ダシとなる川魚やニシンの干物を加えて食べていたのですが、手に入らないこともしばしばあり、そこで戦後値段の安いサバ缶が普及し、誰かが代用し始めたところ思いのほか美味しいと評判になり、一気に広まったそうです。

今や、根曲がり竹が主を迎える季節には、一緒にサバ缶が特設コーナーとして設けられるほど!
根曲がり竹というソウルフードとの相性が抜群に良かったことから、飯山市の鯖缶ライフが始まったのです。

現在では、サバ缶飯山市のソウルフードとなり、あらゆる料理に使われていることがわかりました。

本当に飯山市の方のサバ缶愛はすごいですね(≧∇≦)!
テレビで見せて頂いたお料理はどれも美味しそうで、ぶーやんも作って見ようと思っています( ◠‿◠ )。
続きはまた明日。
美味しい食卓で笑顔になれますように。

スポンサードリンク