白菜のGABAを増やしてストレス解消するレシピ

こんにちは ぶーやんです。

今日は、早速前回お話しした白菜の中心部のGABA(アミノ酸の一種)を増やす方法と、それを使った簡単なレシピをご紹介します。

白菜の中心部分のGABAを6倍に増やしてストレス解消力をアップする方法

それは「塩もみ」です。
塩もみをすることで細胞が壊れて酵素が働き、1時間ほど放置するとグルタミン酸や、アラニン、GABAが大幅に増加します。GABAは普通に食べるより6倍にも増やすことができます。GABAとはアミノ酸の一種で、最近になって研究も進み、食べ物によって摂ったGABAが脳へ届き、イライラを和らげる効果があるとこと分かってきています。チョコレートでGABAを摂取するというのも流行りましたね。
それでは白菜の塩もみで、忙しい年末も余裕で乗り切っていきましょう٩( ‘ω’ )و

白菜中心部の塩もみ

塩もみというのは要するに漬物のことなのですが、今回は少し塩分を控えめにして漬物としても、他の料理の材料としても使えるようにしておきます。

材料

・白菜の中心部分 400 g ぐらい(およそ白菜1/2カットの中心部分)
・塩 小さじ½
・細切り昆布 大さじ1

作り方

、白菜を芯の部分と葉の部分に切り分け、芯の部分は歯ごたえを残すように縦に繊維に沿って1㎝幅ぐらいに切ります。葉の部分はざく切りにします。

、ポリ袋に1の白菜を入れ、塩と昆布を加えて袋の上からよくもみます。
、冷蔵庫で1時間ぐらい放置して出来上がりです。水分が出てしんなりしてきます。

即席塩もみ白菜の漬物

材料と食べ方

・上記の塩もみ白菜 お好みの量で
・ポン酢 1人分 大さじ1
・鰹節

塩もみ白菜をお好みの量用意し、水気を絞って盛り付けます。ポン酢と鰹節をかけて召し上がります。

塩もみ白菜でお好み焼き風

材料 (1人分、1枚)

(お好み焼きの生地)

・塩もみ白菜 100g
・小麦粉 50g
・卵 1個
・水 50cc
・鰹節 1pac

(具材)
・豚バラ肉 100g

(仕上げ)
・とんかつソース、お好み焼きソースなど
・マヨネーズ
・七味味唐辛子

作り方

、ボールにお好み焼きの生地の材料を全て入れ、 スプーンで粉が固まらないように全体的によく混ぜておきます。

、フライパンにオリーブオイルを熱して、一度の生地を入れ、少し形を整えて広げます。
その上に豚バラ肉を並べ蓋をして、 4、5分蒸し焼きにします。

、蓋を取って生地をひっくり返し、豚肉をカリッとするくらいまで焼きます。

、皿に盛り付けて、ソースマヨネーズ七味唐辛子をふりかけ出来上がりです。

塩もみサラダ、これほんとに美味しくて大量にあった白菜があっという間になくなってしまいました(≧∇≦)このために白菜を買いたいと思ったくらい!そのまま食べれて、料理にも使えて、美味しくて、疲れも取れて、イライラも吹っ飛んで、すっかりはくさいの虜になったぶーやんです。

よかったら作ってみてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

美味しい食卓で笑顔になれますように。

YouTube動画

スポンサードリンク