長ネギで冷え性撃退にアンチエイジング効果2,5倍の生姜味噌焼き

こんにちは ぶーやんです。

昨日の坊っちゃんかぼちゃ

種とワタの方が栄養があるって:(;゙゚’ω゚’):!

確かにかぼちゃの種って売ってますもんねぇ。。。
高タンパクでミネラル、ビタミンもたっぷり、悪玉コレステロールを撃退してくれる作用があるらしいです。
「こりゃぁ、やってみなきゃ!」ってことで実験してみました。
坊ちゃんかぼちゃのワタは少量なので、今回はタネのみ使用します。

まずタネをよく洗ってワタを取り除き、乾かして、耐熱皿に並べ(電子レンジは熱ムラがあるので、端に並べます)、電子レンジに入れ焦がさないように、4分くらいから30秒ごとに様子を見て、6分くらい(500W)ローストしました。

 

坊っちゃんかぼちゃの種
坊っちゃんかぼちゃの種を洗って乾かします
かぼちゃのタネをローストする
かぼちゃのタネを耐熱皿に並べます

取り出して、白い皮の部分を爪で割りながら中の緑色のタネを取り出します。

そしてやっと取り出した緑色のタネを食べてみたら、めちゃくちゃ香ばしくて美味しいじゃないですか!

 

しかし、、、坊ちゃんかぼちゃのタネは小さ過ぎました(~_~;)!
とっても中のタネを取り出すのが大変で、割れてしまったりと食べるまでの労力が半端ないです囧。しょぼい。。。

 

かぼちゃのタネの実
ローストしたら、中の緑の実を取り出します

次回は普通のかぼちゃでやってみようと決意したぶーやんでした。

サラダに入れたり、ケーキを焼いたりするときに加えたり、オススメはおつまみにポリポリッですけどね(≧∇≦)

さてさて、今日は、温性の食材冷え性の改善に抜群の長ネギを使ったレシピをご紹介します。

しかも、冷え性に効くだけじゃやない!アンチエイジング効果も期待できちゃうんです・:*+.(( °ω° ))/.:+!

生姜風味の味噌が絡んで、とってもご飯がススムお得なおかずです!

長ネギの豚肉生姜味噌焼き

材料(4人分)

長ネギ 2本 (白い部分)
・豚ロース肉(薄切り) 8枚

調味料

・味噌 大さじ3
・みりん 大さじ3
・砂糖 小さじ1
生姜の絞り汁 小さじ1

作り方

、調味料全て小鍋に合わせ、弱火にかけながらしっかり混ぜておきます。

 

鍋に生姜味噌の材料を入れかき混ぜながら弱火にかけます

、長ネギは4等分に切り、ロース肉に1の味噌を塗り、切った長ネギを斜めに巻いていきます。

 

ロース肉で長ネギを巻く
ロース肉に生姜味噌を塗り長ネギを斜めに巻いていきます
長ネギのロース肉巻き
全ての長ネギを巻きます

、フライパンに油を熱し、巻いた豚肉を並べます。肉をひっくり返しながら全体に焼き色をつけます。最後に蓋をして、3分くらい蒸し焼きにして出来上がり。味噌が出てくると焦げやすいので、転がしながら様子を見ながら焼いていきます。

 

長ネギの豚肉巻きを焼く
ひっくり返しながら焼きます
長ネギと豚肉の生姜味噌焼き
よく焼けたらさらに盛り付けます

point

・練り味噌は焦げやすいので、弱火でかき混ぜながら火を入れます。
練り味噌が余ったら保存できるので、容器に移して冷蔵庫に。

・最後に蒸し焼きにすることで、長ネギの甘みを引き出し、豚肉にしっかり火を通します。

長ネギの特性

・長ネギの旬は11月〜2月、五性は温性。
発汗作用があり、気や血の巡りを良くして体を温めます。
「風邪対策にはネギを!」と言われるように風邪の初期症状にも有効的です。殺菌効果のあるアリシン、緑の葉の部分にはフルクタンという糖が含まれており、インフルエンザ予防にも効果的です。

加熱すると抗酸化力がupします。

長ネギは加熱することでアンチエイジング効果2.5倍もup・:*+.(( °ω° ))/.:+!

熱を加えることで良いことづくめの長ネギです!
丸ごと長ネギを食べられるオススメのレシピです。よかったら作ってみてくださいね。

今日も最後までお読みくださってありがとうございました。

美味しい食卓で笑顔になれますように。

体を温める食べ物のまとめ記事はこちらです。
↓↓↓

体を温める料理まとめ

スポンサーリンク